2014-04

足立直子(陶の器・陶盆栽) ハシヅメミツコ(ガラス)展

hashizumeadachi

2002年6月29日(土)~ 7月7日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

ライブ感あふれるウツワを作り、それにぴったりの野の花&多肉植物を植え込む足立直子さん。
お互いを引き立て合う大胆な表現、目から鱗です。
キュート&ポップ・和的渋味などキルンワークで多彩なイメージを作り出すハシヅメミツコさんの新作は、緑鮮やかな夏サラダがお似合いです。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

小山義則 展

oyama02
2002年5月25日(土)~ 6月2日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

小さな器から大きな作品まで存分に発揮。
古典に学んだ上で現代的に消化させた形、思い切りの良いスコーンとしたライン、しなやかなフォルム、そして時にはお茶目心をのぞかせて・・・きりりと気持ちの良い器たちです。

粉引・灰粉引・南蛮・鉄釉・白磁など。
精力的に、エネルギッシュに、そして謙虚な姿勢で作陶される様子が店内全体に満ち満ちることでしょう。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

木曽志真雄(陶)・杉村徹(木工)展

kisosugi

・・・軽やかな空気感と 穏やかな時間と・・・

2002年3月30日(土)~ 4月7日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

心地よい空間の中で大切な人と一緒にゆっくりと時間を過ごす・・・
そんなゆるゆるとしたシアワセで、ちょこっと元気になるのです。
木曽さんと杉村さんのつくる作品が纏う、絶妙な’ゆらぎ’感。
柔らかな中に凛としたフォルム、そこに加わる手仕事の痕跡。それにより、きりっとした雰囲気の中に、あたたかみのある表情が生まれ、ふわっとした気配が広がります。そしてさらにまわりの空気感をもまきこんで変えるチカラをもっているのです。

木曽さんは、織部・粉引緑彩・鉄釉などの器各種、出品予定。料理の盛り映えがし、また器全体のコーディネートをぴりりとひきしめる器です。
形が美しいので、飾っても、また花を生けても素敵。新しい感覚のシャープな形の織部、そしてマットな織部が人気です。

杉村さんはスツールを中心に、卓袱台・小棚・木の器を出品予定。
ダイニングテーブル&チェアーも、軽やかなフォルム、そして実際に重量も軽く、おススメです。
スツール(高・低)は花台などにもどうぞ。素材はウォルナット・さくら・くりなど各種。

在店予定
木曽さんー3/30・31
杉村さんー3/30・31 4/6・7

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

冬の白い器-pure-

pure

2001年11月23日(金・祝)~ 12月2日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

まっさらなうつわ。’素’そして’凛’としていてあたたかみのある器に魅かれました。

 

出品作家
陶ー荒賀文成・小山義則・横山拓也
磁ー上泉秀人・内藤美弥子

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

橋口信広展-織部・灰釉・炭化灰釉-

hashigu2001

2001年10月27日(土)~ 11月4日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

橋口さんの作品は、土が伸びやかに笑っています。

土のカタマリを叩いて伸ばす。
そしてヘラで豪快かつ繊細に形づくる。
大きな器は、透明感ある織部の色をさらに一層引き立てます。

たっぷり、そしてふっくらと。
躍動感あふれるロクロ技。
小さな器も、見込みの豊かさに、大きな広がりを感じさせます。
※見込みー器の内側

大皿・大鉢・蓋物・花入・小さい器いろいろ。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

ロバート・フローズ展

robert

2001年6月30日(土)~ 7月8日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

ロバートさんは、日本在住のカナダ人陶芸家です。
「カナダと違って日本は、陶器を日常生活の中で使うのがおもしろい」と、日本で作陶はや5年。
日本人陶芸家とちょっと違う感覚の器をつくるのですが、あら不思議、煮物など和食もしっくり馴染むのです。
伸びやかな線刻、釉薬使いのおもしろさ、リズム感あふれるシェイプ。
器ひとつ、作品としての存在感もあるのですが、料理映えし、また他の器とも馴染む。
なじむ、だけど新鮮。そんな器たちが、お待ちしています。
人気のカフェオレカップも出品予定。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

仁平幸春/中野幹子展 草木染・墨 染 ガラス

nihenaka

2001年5月26日(土)~ 6月3日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

”線と色”への思い。
布、ガラスと素材は違えど、こだわりの強さは同じです。
仁平さんは、今までの草木染に加え、墨染にも技法の幅を広げてきました。
グレイッシュな 微妙な色のトーンの違いがクールで素敵に仕上がりました。
また 繊細な”線”が見事な、友禅の着物や名古屋帯、染額も見逃せません。
他、テーブルセンターなどの小物、冷房対策にも良いストールなど。

中野さんは 絵を勉強していたこともあり、その”線”と柄、そして器のフォルムとのバランスが抜群です。

クリアガラスに線刻したシリーズもおしゃれで使いやすくておススメですが、
ホットエナメルを使用した(写真のオレンジぐい呑)bdpシリーズは「私だけのモノ」と大事にしたくなる一品です。

お2人の素晴らしい技術と創造力に是非、触れてみて下さい。

中野幹子さんホームページ………….幹工房

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

朝ごはんの器

asa

一日の始まりの基本の朝ごはん、そのキホン形の器たち

2001年3月24日(木)~4月1日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

ぽってりとやさしい口あたりの汁椀で、あつあつのお味噌汁をいただき、目を覚ます。
朝ごはんは一日の元気の源、です。
2001年の春、新学期を前に、きちんと朝ごはんを食べることから、生活全般を見直してみませんか。漆は汁椀・飯椀・折敷・ボールなど、陶&磁は飯碗・納豆小鉢・漬物小皿・湯呑・箸置+`自身の家でよく登場するメニューで使う器を7人の作家に作っていただきました。

漆ー 箱瀬淳一・垣内幸彦
陶ー 市野雅利・笹山芳人・長森慶
磁ー 上泉秀人・戸苅草声

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

平野寅和/萌窯(竹内靖・智恵)2人展- 粉引・三島・灰釉etc./染付・赤松・色絵 -

hiramoe

2000年11月25日(土)-12月3日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

自然に戸棚から毎日のように取り出してしまう器ってありますよね。
平野さんは そんな器を 作り続けています。使いやすい形と大きさ、いつもいつも 考えています。
そして土にも、大いなるこだわりと愛情を。

靖さんが成型し、智恵さんが絵付をする。
ご夫婦で 作品を作っている萌窯さんの息はぴったり合っています。
古典的な絵柄に 現代味をプラスした洒脱な 絵付は、まだ若いのに円熟味を感じさせます。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

10 / 12« 先頭...89101112