2018-09

荒賀文成・小林耶摩人 二人展

arakoba_18_640

2018年9月29日(土)-10月8日(月・祝) 11:00-18:00 10月2日(火)と3日(水)は休み

荒賀文成さんの粉引は、しっとりとした肌が吸い付くよう。
古いもののような風合いでもありとても美しいです。
気持ちのよい動きのあるロクロで、その上手さには定評がありますが、
どんどん磨きがかかり、荒賀さんならではの形が次々と生まれています。
粉引以外の意欲的な作品にもご注目ください。

小林耶摩人さんは、宙では初めての展示になります。
ベージュがかってざっくりとした粉引、錆鉄のような黒、そして落ちついた緑が美しい灰釉の器で、
着実に人気を集めてきました。
最近始めた侘びた三島も趣があり、展開が楽しみです。
端正できりりとした形、口縁の丁寧な仕上げに誠実さが滲み出ています。

荒賀さん、小林さんともに29日と30日は在店予定です。

2018-09-25 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

原清 木工展

HK_18_640

2018年9月15日(土)-24日(月・祝)  11:00-18:00    18日(火)と19日(水)は休み

ふっくらとした丸味感が何とも気持ち良いのです。
自ら木を刳り抜き、漆を何度も塗って仕上げています。
大きな作品ともなると、切り出した木の状態で何年も乾燥させ、
器の形に刳抜いてからも3年ぐらい乾かすこともあるとか。
そうしないと木がくるって歪んだり割れたりするそうなのです。

木目が輝く拭漆の作品は、流麗でたおやかな形に仕上げ、美しい木目を際立たせます。
ざっくりとノミ跡を残す朱漆は、根来塗にしてより味わい深く。
マットな黒漆の作品は、深い深い黒に端正な形がかっこいいです。
お重などの蓋もの、お盆、個展ならではの大きな作品も出品されます。
漆を使いたくなる季節です。

どうぞお出かけください。

2018-09-07 | Posted in 過去のご案内Comments Closed