ハシヅメミツコ

ハシヅメミツコ ガラス展

hashizume_0614

2014年5月31日(土)-6月8日(日)11:00 -18:00 会期中無休
(会期の前日と翌日は、準備と展示替えのために休業とさせていただきます)

思わず触ってみたくなるガラス。

甘い砂糖菓子のような、ふんわりとやわらかい雰囲気のガラスのお皿を
ハシヅメさん、新たに作り出しました。

ハシヅメさんは、キルンワークという、窯で粉状もしくは板ガラスを溶解して
成形するという手法でガラスの器を作っています。
その手法ですと、平ら目のお皿が作りやすいのです。

お料理好きなハシヅメさん、盛り映えするお皿、そして鉢をイロイロ出品してくださる予定です。

冷たいおやつ、夏野菜のピクルス、カルパッチョ。

イメージいろいろ膨らみますね。

パッチワークのようにいろんな色を組み合わせたお皿や人気の冷茶碗も出品されることと思います。

夏支度にぴったりの器が揃います。

2014-06-12 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

ハシヅメ ミツコ hashizume mitsuko

HM

1985 福岡教育大学卒業
1993 金沢卯辰山工芸工房修了
現在 金沢市内にある自宅工房と、牧山ガラス工房で制作。

2014-05-27 | Posted in ガラス作家, 取扱い作家一覧Comments Closed 

 

ハシヅメミツコ ガラスの器展

hashizume_11

2011年6月25日(土)~7月3日(日11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

グリーンなどのナチュラルな色は森林浴気分。
さわやかで清潔感いっぱいの白。
そしてビビッドな赤系は夏のパワーを感じます。

ハシヅメさんは、粉状のガラスを石膏型にいれて、電気窯で溶解し成型するという、キルンワークの技法を使っています。
溶解時に気泡が入るので半透明になり、さらに色ガラスを混ぜることで様々なやわらかい色を作り出します。

この左上のお皿でいうと、それぞれの色で四角の板状のパーツをつくってから大きな石膏型に並べ、そのスキマには粉状ガラスを敷き詰め、窯で溶解。一枚の真っ平らなガラスにしてから、フチが上がっている別の石膏型の上において窯にいれると、熱で柔らかくなり、そのフチ上がり
の型にうまく収まってこの形になる、という手間がかかる仕事です。
さらに石膏型から出して磨くことで、すべすべと心地よい肌合いになります。

この細かい仕事の積み重ねと、素晴らしい色あわせの感覚で着物の柄のような、しっとりとした日本情趣を感じさせるガラスの器ができあがるのです。

使いやすい形にもこだわるハシヅメさんのガラスで涼やかで美味しい夏にしませんか。

<売上の一部を、東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄付させていただきます>

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

杉村徹(木工)・ハシヅメミツコ(ガラス)展

sugi-hashi08

2008年6月28日(土)-7月6日(日)11:00 -19:00 会期中無休

(会期前日と翌日は、準備と後片付けのために休業とさせていただきます)

木の元の形を生かしながらも、絶妙なバランス感覚でほどよく手を加え軽やかなフォルムに仕立て上げる杉村さん。

ソファ横に良い小さなテーブルや、ソファテーブルにもなる美しい形の足が畳める小さなテーブル(つまりちゃぶ台です)、ダイニングテーブルやダイニングチェアーも出品予定。

お馴染み、ノミ跡がお尻にも目にも優しい大人気のスツールも各種並び、木の器にも力を入れます、とのことなので期待大。 家具はサイズや木の種類変更などのご注文も承ります。ゆっくりご相談ください。

ガラスの粉を石膏型に入れ、窯で焼成して成型するハシヅメさん。いわゆるパート・ド・ヴェールという技法に近い作り方をとっているのですが、細かく気泡が入ることで半 透明の優しい色合いになるガラスが素敵。

さらにハシヅメさんは、色を組み合わせて着物の柄のようなシックな器を作りだしたり、はっとする明るいピーチ色をもってきたりと、心ときめく色使いにいつもわくわくさ せられます。

ハシヅメさんのガラスの器には単純に、あっ素敵、こんなガラス見たことない、そして使いやすそうと瞬間で反応できる魅力があります。 白一色のガラスは雪の白を連想させますし、1年を通じてお楽しみください。

杉村徹さんは28日(土)29日(日)そして最終日7月6日(日)ハシヅメミツコさんは28日と29日に在店予定です。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

杉村徹<木工>・ハシヅメミツコ<ガラス>2人展

mokko2005

2005年3月26日(土)~4月3日(日)11:00 -19:00 会期中無休

軽やかな中にどこか心地いい緊張感があるものが好き、という杉村さん。北欧的シンプルモダンと日本的非対称のデザインが見事に融合。
木の元のラインを生かしつつ手を加え、しかもその痕跡を残すことでキリリかつやわらかい表情が生まれるのです。
3年前の展示以降、宙店内に杉村さん作の什器が少しずつ増えています。それ自体とても美しく、その上に置く器も引き立ててとても評判良いのです。
従来からある古材を使った什器ともしっくり合うのも懐の深さを証明しています。
ノミ跡美しく座り心地抜群のスツールをはじめダイニングテーブル&チェア、チャブ台、そしてトレイや木の器、小箱などを出品予定。オーダーのご相談もどうぞ。

色柄合わせの感覚が抜群のハシヅメさん。いつも新鮮なハーモニーにドキリとさせられます。
盛り映えする白、愛らしいピーチ色、渋めカラーなどなどをPOPにも和風にも仕立て上げる腕前には感心するばかり。手前のパッチワークのようなお皿は、パーツをそれぞれ作って最終的につなげた手がこんだもの。
そのパーツ1つ1つ作るのにも、さらに段階を経ているのです。お料理好きともあって、使いやすいカタチや大きさにもこだわります。キルンワークという技法で、石膏型に粉状のガラスを入れ窯で焼成して作ります。吹きガラスのとはまた違うプレート各種が特におすすめです。
他ボウル、カップなど。

在店予定  杉村さん   ・・・ 3/26・27  4/2・3
ハシヅメさん ・・・ 3/26

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

足立直子(陶の器・陶盆栽) ハシヅメミツコ(ガラス)展

hashizumeadachi

2002年6月29日(土)~ 7月7日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

ライブ感あふれるウツワを作り、それにぴったりの野の花&多肉植物を植え込む足立直子さん。
お互いを引き立て合う大胆な表現、目から鱗です。
キュート&ポップ・和的渋味などキルンワークで多彩なイメージを作り出すハシヅメミツコさんの新作は、緑鮮やかな夏サラダがお似合いです。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed