木曽志真雄

木曽志真雄 展

kiso_640

2014年10月18日(土)ー26日(日) 11:00-18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と展示替えのために休業とさせていただきます)

木曽さん独特のマットな色合い、質感のオリベは見る度に
いい色だな、よくぞこの色を生み出してくださったと思うのですが、
盛ると予想以上に盛り映えするので、さらにその思いを強くするのです。

そのマットなオリベと白との掛け分けも、その分量の違いでまたかなり
違って見えるので、新鮮ですね。

そしてさらに今回は、その人気のオリベに加えて、新たに作り出した
落ち着いた色目の器を出品します。
どれも使いやすそうな色ですし、オリベと合わせて使ってもとても素敵です。

すっきりとした形もとてもきれいですね。

オリベに興味あるけれども、まだなかなか、、、という方、是非「木曽オリベ」を
使ってみてください!

2014-10-05 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

木曽 志真雄 kiso shimao

kisoshimao

1954 東京都生まれ
桑沢デザイン研究所卒業
1984 愛知県窯行職業訓練校終了
1990 瀬戸市に築窯
以後、全国各地で個展を開催

2014-06-08 | Posted in 取扱い作家一覧, 陶磁器作家Comments Closed 

 

木曽志真雄 展

kiso_11

2011年4月16日(土)~4月24日(日) 11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

楕円とか花型とか、ごくシンプルな形だけれども、木曽さんが手掛けるとあら不思議。
とっても魅力的なバランスの新鮮な器になるのです。

その形に、木曽織部ともいわれるマットな質感の織部の相性は抜群。緑の濃淡の美しさにココロ震えます。

いつものお料理も、景色が違ってさらに美味しそうに見えますよ。

ツヤ、掛分などオリベの様々な表情や、灰釉もお楽しみにどうぞ。

<売上の一部を、東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄付させていただきます>

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

木曽志真雄(陶)・坂場圭十(磁) 二人展

kiso-sakaba08

2008年5月24日(土)-6月1日(日)11:00 -19:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と後片付けのために休業とさせていただきます)

‘木曽織部‘と言われるほど、独特なマットな色合いと質感、それにすっきり美しい形の織部の器には、いつ見てもハッとさせられます。
釉が薄いと茶色っぽくなりざらりとした質感に、そしてたっぷり流れてたまると宇宙のような何ともいえない深い色合いになります。どちらもとても盛り映えしますので食卓に欠かせない器になること間違いなし。
シンプルな色形なので、他の器ともとてもあわせやすいです。これからはガラスや染付の器とあわせると涼しげに見えます。

ここ最近、絵付にさらに磨きがかかり、人気急上昇の坂場さん。何かもの思うような微妙に可笑しい表情の鳥や魚、猫たちにココロときめき、懐かしいような新しいようなアンティーク風な花柄に魅きつけられます。
九谷焼の五彩を使いながらも、その図柄の魅力と色使いの新鮮さに、大きな広がりと可能性を感じさせます。
古典柄が好きで吸収した上で、自分の柄へと発展させる、それがより趣深い染付の器にもよく表れています。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

木曽志真雄(陶)/匙屋さかいあつし(木工)展

sakaikiso2005

2005年10月29日(土)~11月6日(日)11:00 -19:00 会期中無休

すっきり美しく、今の空気が感じられる木曽さんの器たち。薄手でシャープなカタチだけれどもざっくり’土’感、あたたかみも感じられるバランス感覚は抜群。
お洒落で盛り映えするし、他の器とも合わせやすいので、お料理のプロの方々にもファンが多いのです。
独特のマットな質感の織部が人気ですが、宙だけが注文すると木曽さんから言われる?!ツヤの織部も何とも言われぬ深~い色合が素敵です。まさに宇’宙’色というか。他、粉引に織部釉や鉄釉で一部彩った器、マットな黒(鉄錆釉)のみの器など。

さかいさんの匙やお盆、茶托などをを眺めていると、ほのぼの優しい気持ちになれます。
コツコツ作りました感がじんわり伝わってくるのです。
実際そうなので、注文しても出来上がってくる時間が他の作家さんより。。。
なので匙はもとより、お盆類もとても素敵なのに、常設では見ていただく機会がなかなか無く、正直歯がゆい思いをしていました。
去年春、朝日新聞さんの「手仕事紀行」という連載コラムでさかいさんの記事をご覧になった方も多いことでしょう。
古びて丁寧に使い込んだ風の仕上げと新しい感覚の溶け合ったさかいさんの木の小物たちを、この機会に是非ご覧ください。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

ー開店5周年記念 Part 2ー 手のひらサイズの宝物

 
2002年12月7日(土)~ 12月15日(日)
11:00 – 19:00 会期中無休

 小さくって素敵なモノ。
何かわくわくしませんか。
5周年企画Part2では、宙でおつきあいいただいている
ほぼオールキャストの約40人の作家さんに掌サイズのスペ
シャリテを1人約10点作っていただきます。
・いつもあまりつくらないもの
・ちょっと凝ったもの
・良い上がりのもの
・人気ですぐ売り切れてしまうもの  などなど。
宝物箱をひっくり返したような賑やかな店内になることで
しょう。ご期待ください。

参加作家
<陶磁器>
足立直子・市野雅利・内田鋼一・大沼道行・小山義則・加藤財・
上泉秀人・菊地勝・木曽志真雄・笹山芳人・清水なお子・鈴木正彦・
鶴野啓司・出町光識・戸苅草声・内藤美弥子・中地永大彌・長森慶・
橋口信弘・浜野マユミ・平野寅和・福本双紅・藤本秀・松田和美・
丸山龍一・萌窯・山野辺孝・横山拓也・吉井史郎・ロバートフローズ
<ガラス>くさ田正樹・中野幹子・中橋都・ハシヅメミツコ・渡辺継
<木工> 酒井淳・杉村徹・原清・山本認
<漆芸> 箱瀬淳一
<草木染>仁平幸春

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

木曽志真雄(陶)・杉村徹(木工)展

kisosugi

・・・軽やかな空気感と 穏やかな時間と・・・

2002年3月30日(土)~ 4月7日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

心地よい空間の中で大切な人と一緒にゆっくりと時間を過ごす・・・
そんなゆるゆるとしたシアワセで、ちょこっと元気になるのです。
木曽さんと杉村さんのつくる作品が纏う、絶妙な’ゆらぎ’感。
柔らかな中に凛としたフォルム、そこに加わる手仕事の痕跡。それにより、きりっとした雰囲気の中に、あたたかみのある表情が生まれ、ふわっとした気配が広がります。そしてさらにまわりの空気感をもまきこんで変えるチカラをもっているのです。

木曽さんは、織部・粉引緑彩・鉄釉などの器各種、出品予定。料理の盛り映えがし、また器全体のコーディネートをぴりりとひきしめる器です。
形が美しいので、飾っても、また花を生けても素敵。新しい感覚のシャープな形の織部、そしてマットな織部が人気です。

杉村さんはスツールを中心に、卓袱台・小棚・木の器を出品予定。
ダイニングテーブル&チェアーも、軽やかなフォルム、そして実際に重量も軽く、おススメです。
スツール(高・低)は花台などにもどうぞ。素材はウォルナット・さくら・くりなど各種。

在店予定
木曽さんー3/30・31
杉村さんー3/30・31 4/6・7

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed