2015年

阿部慎太朗・杉田明彦 二人展

abesugita640

2015年12月12日(土)-12月20日(日)11:00-18:00 15日(火)と16日(水)は休み

伝統的な技法を一通りこなしてから、古い洋皿のようなシックなイメージの器を作る阿部さん。
研究熱心で、常に新しい釉薬の試作、型の研究を繰り返しています。
その貪欲な熱意や丁寧な仕事ぶりに、今の仕事もとても面白いのですが、今後も大いに期待しています。

杉田さんは輪島塗の伝統的な技法を学んだ上で、すでに使い込んだ器のような、趣のある質感の漆器を作り出しました。
その表情が、潔く削ぎ落とした、凛とした美しい形を彩ります。
一目で惹きつけられてしまう、独特の世界観をもち、しかもすぐにでも使いたくなる魅力をもっています。

今現在もとても魅力的ですが、今後さらなる活躍が期待されるお二人です。
ふわりと軽やかに、イロイロなことを飛び越えていってしまう予感もあります。
器の取り合わせのマリアージュもお楽しみください。

2015-12-06 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

松岡装子 ガラス展

matsuoka_623

2015年11月28日(土)-12月6日(日)11:00-18:00 12月1日(火)と2日(水)は休み

ぱっきりお目々のねこちゃんや鳥、架空のイキモノが生き生きと
絵本の中の世界のように描かれています。
草花たちも楽し気におしゃべりしているよう。
眺めていると、何を話しているか耳をそばだてたくなったり、その中に
ぐっと魅きこまれてしまいます。
仲間に入って、その世界の中で遊びたくなってしまいます。

やわらかな雰囲気なのですが、ぐっとココロ掴んでしまう強烈な魅力を
放つ、松岡さんのグラスや器たち。
どうぞ身近に使って飾って楽しんでくださいね。

2015-11-15 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

加藤財 展

kato_201511

2015年10月31日(土)-11月8日(日)11:00-18:00 11月3日(火)と4日(水)は休み

美味しく淹れられますように。
お湯を注いで待つ時間に、急須に茶葉に語りかけたくなります。
使うたびに、その丸みの愛らしさ、蓋と身の合わせもきっちりと、
とその端正な美しさにほれぼれとします。
口のキレは抜群。
中の‘ス‘も丁寧に作ってあるので、スムーズに気分よくお茶を淹れることができます。
加藤さんの愛情が隅々にまで行き届き、見た目も使い勝手も素晴らしい。
中国茶にも良い小さいサイズの急須から、ほうじ茶にぴったりのポットまでずらりと並びます。

お気に入りのひとつを見つけてください。

2015-10-26 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

さかいあつし 木工展

saskai_640

2015年10月3日(土)-12日(月・祝)11:00-18:00 6日(火)と7日(水)は休み

あ、いいな。触ってみたい、使ってみたい。
さかいさんの作品を見ると、いつもわくわくどきどき。
何気ない形なのですが、とても美しくそして愛らしい。
よく考えられているのですが、そうと感じさせなく無垢でナチュラルな
雰囲気を醸し出しているのがまた素晴らしいのです。
削り跡もとてもきれいで、丁寧な仕事ぶりにほれぼれします。
拭漆の仕上げをしているので、匙はとても滑らかで口当たりがよく、
一度使うとトリコになってしまうと思いますよ。
離乳食用の「はじめての匙」は、口あたりの良さと柄との角度が絶妙だからでしょうか、
匙をこれに代えたら赤ちゃんがよく食べてくれるようになったと大評判です。

新作の匙やトレーも、さかいさんならではの形で魅力満載!
サイズ展開あるので、いろいろな使い方ができそうです。

新作がたっぷり、そして定番人気の作品も出品予定です。

2015-09-28 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

荒賀文成・吉井史郎 二人展

ARAYOSHI640

2015年9月19日(土)-9月27日(日)11:00-18:00  22日(火)と23日(水)は休み

荒賀さんのロクロはフレッシュで勢いがありながら、ゆったりとした風情が素晴らしい。

吉井さんは熟練の味わいがある、ゆとりと緊張感のバランスがとれたロクロ技に脱帽させられます。
ロクロの上手さに定評があるお二人のそれぞれの魅力をお楽しみください。
李朝の器など古き良きものに思いを馳せながら、今のウツワを。
共にしっとりとした肌合いの器たちは、どんなお料理も、そしてコーディネートをも受け止めてくれる懐の深さがあります。

荒賀さんは粉引の器をメインに、灰粉引や新しいシリーズなどを出品予定です。
ありそうでなかなかない、荒賀さんのしっとりとした粉引は、使い込むほどに味わいも増していきます。

吉井さんは落ち着いた黒の玄釉、粉引、京唐津、刷毛目など幅広く出品いただけることと思います。クラシックな安定感と渋可愛さとを併せ持つ、素敵な器たちです。

2015-09-08 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

高橋禎彦展

takahashi640

2015年7月11日(土)-7月20日(月・祝)11:00-18:00 7月14日(火)と15日(水)は休み

不思議なグラスなのです。

素晴らしい吹きの技術によって生み出されるグラスは、ガラスが無理なく膨らんだようなナチュラルでとても美しい形。

成形時にあまり触らないことからでしょうか、無垢な透明感にもどきっとします。
そんなグラスで飲むと、いつものお水もとても美味しく感じられるのです。

ワインの味と香りが劇的に膨らむ!まあるいワイングラスももちろん大評判。

そして今回、カラフルな色が入ったボウルなども出品されます。
ウキウキ気分満載で、ぐっと心ワシ掴みにしてしまうことでしょう。

お部屋のアクセントに、ランプシェードも出品されます。

高橋さんの作品には、コトリとキモチを動かす何かがあります。
身近に使って、眺めて楽しんでくださいね。

2015-07-05 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

大沼道行・土井善男 二人展

 

OD_640_pic

2015年5月30日(土)-6月7日(日)11:00-18:00  6月2日(火)と3日(水)は休み

待っていました大沼さん!初期の頃に作っていた青瓷が久々に復活しました。
その美しい水色とまったりとした肌合いがやはり素敵です。
とても盛り映えするので、日常的にどんどん使ってくださいね。
織部、窯変黒、この写真左奥の青瓷よりも淡い色合いの青白磁なども出品予定。
八角皿などは、話題の「沼サン」を盛るのにもぴったりです。

沼サンとは、、、大沼さんが、奥サマのために時々朝ご飯につくるサンドイッチで
チーズとベーコンとたっぷりの千切りキャベツが基本、それにプラスアルファしても美味しいという
ボリュームたっぷりのサンドイッチです。
クックパッドなどにも載っていますので、是非作ってみてくださいね。

土井さんは使いやすいのはもちろん、より美しい形へと進化を続けています。
その形を、より表情豊かになったマットなベージュがかった釉で彩ります。
一方、イッチン(凸)で描く世界は、無地の器をキュートに清潔感のあるものにしています。
まったりとした白い釉薬の器も、あたたかみのある磁器として、土ものファンの方からも
幅広く支持されています。どうぞ毎日使いの器として可愛がってくださいね。

二人展最後の二日間に、大沼さんの奥サマで、不定期にスキンケアやコスメのワークショップを
ひらいている、おおぬまゆきさんによるハンドケアの美容液を作るワークショップを行います。
詳しくは コチラ をどうぞ。

2015-05-19 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

鈴木正彦 展

SM_021
2015年3月28日(土)-4月5日(日)11:00-18:00 3月31日(火)・4月1日(水)は休み

鈴木正彦さんが作る耐熱の器が人気です!
もともと器として素敵な形なので、手に取られる方が多いのですが、
耐熱で直火も大丈夫とお話しするとええっと驚かれる方が多いですよ。
今回の展示では、新しくいろいろな大きさ形のものが出品されることと思います。
この写真では、左の黄色が耐熱の器になります。

もちろん、耐熱の土ではできない、しっとりとした肌合いの黒釉の奥深い色合いや粉引の器などにも魅了されます。オリジナルの、白にグレーがかった淡墨の表現にも磨きがかかりました。

信楽土の器、耐熱の器、それぞれの魅力をお楽しみください。

2015-03-22 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

平野寅和・萌窯 二人展

hiranomoe_201503

2015年3月14日(土)-22日(日)11:00-18:00 17日(火)・18日(水)は休み

平野さんは、土作りも焼成方法も、ふっくらとした器の穏やかな形からは
想像できないほど、ガンコに納得するまで手を加えます。
しっとりとした粉引も、通常の1度2度ではなく、何度も焼成しているそう。
光によって緑が強く見えたり、黒が強く見える黒緑釉は、気に入った色になるまで
何度も焼き重ねます。
写真の三島文様は、ちょっとヌケた楽しげな雰囲気が魅力的。

竹内靖さんが成形し、智恵さんが絵付けを担当。
ご夫婦息のあった仕事ぶりにいつも感嘆させられます。
靖さんがつくる形は、端正ながらどこかあたたかみのある雰囲気。
智恵さんは伝統柄を得意としていますが、それを愛らしくオリジナルに仕立て上げます。
滑らかに筆が踊っているような絵付けはまさに見事!です。

染付、九谷五彩、そして赤絵の器。魅力的な絵付けを是非見にいらしてくださいね。

2015-03-02 | Posted in 過去のご案内Comments Closed