うつわあそび

Vol.7 表情いろいろ 変化を楽しむ 粉引のうつわたち 

 

バックナンバー:
Vol.1 ゆったりとしたお茶の時間をどうぞ
Vol.2 ガラスに合う器たち
Vol.3 モノトーンでシックな秋を
Vol.4 spring spring spring!!
Vol.5 目に鮮やかな新緑、 そして花たち
Vol.6 焼き締めとガラスとアルコールの相性診断
Vol.7 表情いろいろ 変化を楽しむ 粉引のうつわたち
Vol.8 小皿、豆皿を愛でる
Vol.9 スグレモノノ木・器たち
Vol.10 ポップ&キュート  ___ガラス進化論___
Vol.11 夏バテ防止!涼感UPのグレー大作戦。
Vol.12 されど片口。
Vol.13 きりり、そしてまっすぐに。
Vol.14 花 ひとつ。
Vol.15 小道具好き ~注ぐ器編~
Vol.16 ナツ ノ ケシキ — green —-
Vol.17 こっくり ほっくり 秋の色。漆色。


last updated Oct. 15, 2000
粉を引いたようにみえる”粉引(こひき)”は、
赤土に白化粧をし、透明釉をかけることで、
ぽってりと温かみのある表情が生まれています。
粉引の器は特に透水性があるため 使い込むほどに
やわらかく 色がついていきます。
粉引は粉引でも、作り手によって
かなり 表情が違っています。
お気に入りのひとつを見つけて、
愛情たっぷりに欠かさないように大事に、
でも毎日のように使って粉引のうつわを”育てて”下さい。
photo

平野寅和さんのやさしい風合の粉引は
リピーター多し!です。
使えば使うほど、使いやすさに納得
なのです。
11/25(土) ~ 12/3(日)に平野さんの
展示会を開きますので、お楽しみに。
photo
木曽志真雄さんは 必ず織部や鉄彩にて
粉引に彩りを加えます。
スッとした形と やらわかな
黄味がかった肌合が絶妙のバランス。
左上は パスタやミート皿に良い、
大人気の8寸平皿です。
photo
土の持ち味を生かした 小山義則さんの
粉引はシャープで切れの良い形に
ザックリ土味がgoodです。
使い込むと、馴染んできて優しい表情に。
愛嬌ある片口の形に注目。

photo
土の声を聞きながら製作したような
鶴野啓司さんの粉引は、
一見近寄り難いのですが、
盛ると包み込むように、
お料理を引き立てます。そして、上3枚の写真でもそうですが、
丸い器が多い食卓に四角い器が入ると
変化がつきます。
ということで、10/28(土)からの企画展にも
是非 お寄り下さい。
2014-01-11 | Posted in うつわあそびComments Closed