うつわあそび

Vol.17 こっくり ほっくり 秋の色。漆色。

バックナンバー:

last updated Oct 18, 2002


暑い暑い夏は、息つく暇なしに過ぎ去り
あっという間に秋模様。
秋色の服に身を包んだら、
テーブルの上も模様替え。
ごはんのおいしい季節です。
冷たい風に吹かれたら、
さあ早く帰って家ごはん。

photo

深い深い朱の色。
秋の気配を呼び覚ます。
懐かしいような、新しいような。
記憶をも呼び覚ます色。


原 清 作   欅朱漆鎬蓋物      \32,000
松田和美作  入れ子八角鉢(8ヶで) \30,000

photo
栗色、紅葉色?いえいえ油揚色。
こっくりと渋味のある黄色も
 漆色にお似合いです。

原 清  作    欅朱漆角切小箱  \18,000
酒井淳  作    角銘々皿(茶托) \4,800
鈴木正彦 作    黄伊羅保輪花小鉢 \2,400  

photo

差しつさされつ秋の夜。
織部。
熱燗。
本領発揮の季節です。

原 清  作    欅朱漆八角台皿   \30,000
中地永大弥作 織部徳利      \15,000
織部ぐい呑み    \6,000

 

photo

原さんの、ざっくり&シャープな器は
土ものと相性抜群ですが
もちろん磁器にもこのとおり。

原 清  作  欅朱漆輪花台    \15,000
福本双紅 作  薄氷(うすらひ)/ぐい呑 \6,000
清水なお子 作  竹文6寸皿      \2,300
浜野マユミ 作  六角皿 菊       \4,000

2014-01-11 | Posted in うつわあそびComments Closed