個展/企画展

杉田明彦・矢野直人二人展

YS_2021_640

2021年11月20日(土)―28日(日) 11:00-17:00  23日(火)と24日(水)は休み

杉田さんは輪島の赤木明登さんのもとで修業し、現在金沢市内で制作しています。
輪島の伝統的な作り方を継承しながら、漆喰のような、もともと使いこんだ漆のような
肌合いに仕上げています。
すっと美しい形にその肌合いが相まって、静かで美しい美術品のようでもあり、
使いこみたくなる漆器でもあります。
杉田さん、漆器を製作する前は、蕎麦打ちの修業をしていました。
その腕前はお蕎麦屋さんを開業できるほどです。
お蕎麦を盛りたくなる器でもあり、フレンチの巨匠にも愛される器でもあります。

矢野直人さんは、唐津の窯元、殿山窯に生まれましたが、有田窯業大学校などで
基礎を学んでからはほぼ独学。唐津の古窯跡を諸先輩や仲間たちと歩き、
古唐津の陶片から土や釉などを学んでいます。
唐津という枠にとらわれないモダンな方向性の作品も作りますが、現在の作風は
より穏やかで何気ない、唐津の原点の素朴な部分を昇華したような、
矢野さん的はんなりとした美しい唐津といえるでしょうか。
見た目より軽い作品もあり、細部に細やかな心配りが感じられ、使って嬉しい唐津です。

<展示の際のコロナ対策について>
〇換気や消毒をこまめに行います。
〇一度にご入店いただく人数を6名様までにさせていただきます。
タイミングによっては少しお待ちいただくかもしれませんがご理解くださいませ。

<ご来店のお願い>
〇マスクをご着用ください。
〇入口に設置していますアルコール消毒液を利用ください。
〇初日20日(土)ですが、10時50分の段階で10名様以上並びましたら、入店順を抽選させていただきます。
早くにご来店されませんようにお願い申し上げます。
〇体調不良の方はご遠慮ください。

2021-11-20 | Posted in 個展/企画展Comments Closed 

 

阿部慎太朗展

AS_202112_640

2021年12月11日(土)―19日(日) 11:00-17:00 14日(火)と15日(水)は休み

阿部慎太朗さんは、檸檬やオリーブなどの繊細な絵付を施した作品や、優美なレリーフが魅力的なお皿類で人気を博しています。
3年前の展示からさらに絵付や形、レリーフの種類など幅が広がり、どれもが魅力的で選ぶのに大いに悩んでしまいます。
洋のお料理やスイーツは盛り映えし、またシンプル目の器は釉薬の色の美しさが際立ちお料理を選びません。
ココロくすぐり、集めたくなる器は、使い込んで次世代に繋げてほしいという阿部さんの願いがこめられています。

尚、阿部さんの個展初日と二日目、11日(土)と12日(日)はご予約制にさせていただきます。
13日以降はご予約なしでご入店いただけます。

11日・12日にご入店ご希望の方は、以下のように往復葉書に必要事項をご記入の上、12月1日(水)必着で宙に郵送してください。
お一人様でご入店いただきます。お連れの方がいらっしゃる場合には申し訳ございませんが外でお待ちいただきます。
抽選させていただき、当選された方のみに、実際ご来店いただける日時を書いた葉書を返送させていただきます。
40分入れ替え制に致します。

<応募方法>

往復葉書にて、以下をご記入の上、12月1日必着にて応募ください。

〇往信の宛名欄には
152-0003
目黒区碑文谷5-5-6
宙  宛

をご記入ください。

〇往信 右の文面欄には何も書かないでください。

〇返信の宛名欄にはご自身のご住所とお名前をお書きください。

〇返信 右の文面欄には

・お名前とフリガナ
・ご住所
・携帯電話番号
・ご希望日時の第一希望と第二希望の番号
①11日11-14時 ②11日14-18時 ③12日11-14時 ④12日14-18時

をご記入ください。

※お一人様1回の応募でお願いします。
※抽選に外れた方には申し訳ございませんが、返送は致しませんのでご了承くださいませ。
※ご入店される際には当選葉書をご持参ください。
また身分証明書をご提示いただくこともございます。
※転売を目的とされる方はお断りさせていただきます。

<展示の際のコロナ対策について>
〇換気や消毒をこまめに行います。
〇一度にご入店いただく人数を6名様までにさせていただきます。
タイミングによっては少しお待ちいただくかもしれませんがご理解くださいませ。

<ご来店のお願い>
〇マスクをご着用ください。
〇入口に設置していますアルコール消毒液を利用ください。
〇体調不良の方はご遠慮ください。

2021-11-19 | Posted in 個展/企画展Comments Closed