2017年

中野幹子ガラス展 ――吟冬❄フユヲウタウガラスーー 

nakano_640

2017年12月2日(土)-12月10日(日) 11:00-18:00 12月5日(火)と6日(水)は休み 

ちょっと寒くなるとなぜかガラスのコップでお茶をのみます。

ガラス越しの風景が温かさにふわっと曇り、
木のテーブルを透かし、窓の向こうの木々や電線をつたい、
景色はどこまでひろがっていくでしょう。

目の前のひとつの器から、どこかへ飛んでいく。

冬の光を浴びて。

中野幹子

※耐熱ガラスではないので、熱々のお茶は避けてください。

2017-11-26 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

宙 開店20周年企画 vol.2 スタンダード そしてこれから

standard_640

2017年11月18日(土)−26日(日) 11:00-18:00     21日(火)と22日(水)は休み

20周年企画vol.2では、主な宙の作家さん58人に10点ずつ、手のひらサイズの作品を作っていただきます。
今までの道のりを振り返りながら、これからの歩みも見ていきたいと思ったことからテーマを「スタンダード そしてこれから」としてお願いしました。今まで定番的に作ってきた作品を5点、そしてこれから新たにチャレンジしていきたいという兆しが窺える作品を5点。色とりどりの賑やかな店内になりそうです。

どうぞご期待ください。

参加作家

陶磁器
阿部慎太朗・荒賀文成・荒川真吾・市野雅利・井上あんぬ・内田鋼一・大沼道行・大前悟・奥絢子・小山義則・加藤財・上泉秀人・川端健太郎・菊地勝・木曽志真雄・こいずみみゆき・小林耶摩人・坂場圭十・清水なお子・鈴木正彦・鈴木稔・タナカマナブ・田辺京子・鶴野啓司・寺園証太・土井善男・内藤美弥子・長森慶・西村峰子・橋口暢広・浜野まゆみ・林大輔・林健二・原朋子・廣政毅・福本双紅・三浦ナオコ・萌窯・横山拓也・吉井史郎

◆ガラス
艸田正樹・葛和万紀・高橋禎彦・中野幹子・長野史子・ハシヅメミツコ・松岡装子

◆木工・漆
岩本忠美・加藤那美子・さかいあつし・杉田明彦・杉村徹・原清・蜂谷隆之

◆金属
上田裕之・高橋大益・長谷川まみ

◆染布
仁平幸春

2017-11-13 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

宙 開店20周年企画 内田鋼一 展

sora20th_uchida_640

2017年11月3日(金・祝)− 12日(日)11:00- 18:00 11月7日(火)と8日(水)は休み

ごあいさつ

「気軽に立ち寄れる近くの器屋」を思い描き立ち上げました弊店は、
お陰様で11月に開店20周年を迎えることができました。
これもご近所の方のみならず、幅広い地域から来てくださる
皆様の温かいご支援の賜物と心から御礼申し上げます。
開店20周年企画として、内田鋼一展を開催いたします。
5周年、10周年、15周年と内田さんに個展をお願いしてきましたが、
近年の内田さんのご活躍には目をみはるものがあります。
誰よりも多忙なのに、BANKO archive design museumを
設立したことには驚き、そして心から尊敬の念を抱きました。
内田さんは建築関係など大きな仕事を請け負うことも多いのですが、
今回の個展では私が毎日使い、
愛してやまない器を主に作っていただきます。
世界各国を回って体感したゆえの大陸的なおおらかさと、
繊細な感性が相まって、内田さんならではの魅力的な器が生まれます。
是非ご覧いただけますようご案内申し上げます。

宙 吉田美穂子

11月3日(金・祝)午後5時30分より、ささやかなオープニングパーティ兼20周年パーティを行いますので、お気軽にご参加ください。

2017-10-29 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

浜野まゆみ 展

HM_011_640

2017年10月21日(土)-29日(日) 11:00-18:00 10月24日(火)と25日(水)は休み

はんなりと丁寧に施された染付、赤絵に心奪われます。
その筆運び、完成されたデザインに溜息がでます。
浜野さんは古い伊万里焼に魅了され、その時代のものに
近づけるように研究を重ねています。
そうして出来上がった器は、写しを超えて、まさに浜野さん
オリジナルといえるでしょう。
当時の技法、糸切成形で作られた器はごく薄く、その軽さに
驚きます。
高台の形にまで丁寧に手を入れているのを見ると、その心配りに
嬉しさがこみあげてきます。
どうぞお手にとって、その美しい器を実感してみてください。

2017-10-16 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

内藤美弥子 展

NM_201710_640

2017年10月7日(土)-10月15日(日) 11:00-18:00  10月10日(火)と11日(水)は休み

小さな白い姿にこんなにもココロ惹かれてしまうのは何故でしょう。
磁土のカタマリを削り出すことによって生まれる量感あるカタチ。
彫刻的で凛々しくもあり、また愛らしくもあり。
ひとつそっと置いて眺めてみると、穏やかなココロモチになることと思います。

2017-10-02 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

木曽志真雄 展

kiso_640

2017年9月23日(土)-10月1日(日)11:00-18:00  9月26日(火)と27日(水)は休み

一目で木曽さんのオリベとわかる、マットな緑の色合いは
見るたびにはっとさせられます。

緑のグラデーション。
口縁の釉が薄くなったところは、淡い色合いに。
時にはコゲたような茶色がところどころ出たりします。
そして下の釉が濃くなったところは濃い緑に。
その色の美しさにぐっとくるのです。
また白と掛け分けたりすることもあり、それもまた素敵なのです。
お料理も、懐深くなんでも美味しそうに見せてくれるので
なくてはならない器になることと思います。

シンプルでふくよかなラインの美しい器たち。
是非見にいらしてくださいね。

 

 

2017-09-18 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

上田裕之・高橋大益・タナカマナブ 三人展     ―― 美味しい風景 ――

TUT_643

2017年9月9日(土)-9月18日(月・祝)11:00-18:00 9月12日(火)と13日(水)は休み

上田裕之さんが鍛鉄で作るフライパンはとても使いやすいです!
軽いというのが嬉しいですね。鎚目の凹凸で素材もくっつきにくいです。
包丁も、鋼とステンレスを両方作っています。
切れ味抜群ですし、形もとてもきれい。柄の木の部分も自作だそうです。

高橋大益さんの鉄瓶も軽いです。シンプルな形でとても美しいですね。
お湯が甘くてとても美味しくなるのですが、使い込むほどにより美味しさが増すそうですよ。
白湯、お茶、そして焼酎のお湯割りなどにもどうぞ。
人気でなかなか店頭に並べることができないので、この機会に是非。

タナカマナブさん、普通の器っぽいけれども調理もできる!楽しいんじゃないかと、
耐熱の土で器すべてを作ることに挑戦しました。 直火もオーブンもどちらも大丈夫です。
もちろん普通に盛る器としても。
マグカップもオーブンに入れられるので、オニオンスープなどにもどうぞ。

使って眺めてと台所に立つのが楽しくなる道具たちです。
どうぞお手に取って、その心地よさを確かめにいらしてくださいね。

2017-08-24 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

杉村徹 木工展

sugimura17_640

2017年6月24日(土)-7月2日(日) 11:00-18:00 6月27日(火)と28日(水)は休み

杉村さんの木の器のフォルムは、ますます軽やかに自由になり滑らかなカーブの美しさに目を奪われます。
風船を押し付けたようなイメージでそのカーブを作っているとか。
四角い器の四隅の表情を見ると、なるほど!と思います。
軽やかなのでふわりとどこかに行ってしまいそうな、それでいてあたたかみがあり安定感があるような。
杉村さんならではの形で、お料理も盛り映えしますし、飾ってもどうぞ。
心地よいノミ跡を見るとココロ落ち着きますよ。

またスツール、壁の棚、そしてダイニングテーブルとダイニングチェアーなども出品されます。
スツールの心地よさも折り紙付きです。
他、家具のオーダーも承りますので、お気軽にご相談ください。

美しい木の器と家具を見に、是非いらしてくださいね。

2017-06-14 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

ハシヅメミツコ ガラス展

hashizume_17_640

2017年5月13日(土)-21日(日) 11:00-18:00  16日(火)と17日(水)は休み

色の組み合わせのアイデアは広がるばかり。
ハシヅメさんの色彩に関する感覚はどんどん研ぎすまされていっています。

ハシヅメさんは粉状のガラスを石膏型にいれ、窯の中で溶解させて成型する手法で器を作っています。

この写真のモザイク柄のものは、それぞれパーツを別々に作り、最後に1枚のお皿に仕上げたという、
とても手間のかかる仕事です。
チェック部分の線も、描いているのではなくて、棒状のガラスを作ることで線にしているのだそう。
モザイクはライフワーク的に作り続けていますが、どんどん進化していっています。

一方清楚な白のガラスは、何の素材か一見わからないぐらいの不思議な器です。

ハシヅメさんはお料理好きだからこそ、盛り映えのするガラスの器を作ります。

季節を問わずに使いたくなるハシヅメさんの器を見に、是非いらしてくださいね。

2017-05-05 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

1 / 212