2017年

鈴木稔展

suzuki_17_640

2017年4月22日(土)-4月30日(日) 11:00-18:00  4月25日(火)と26日(水)は休み
ご心配、ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございませんでしたが
延期のお知らせをしていました鈴木稔展を開催できる運びになりました。

登り窯を再び築き、宙で初窯展を開いてから早くも3年経ちました。
その間、精力的に窯を焚き、窯の中での釉薬の変化にさらに面白さを感じているようです。

今回はいつもはガス窯で焼成している模様が入った器も登り窯で焼成しました。
釉薬が窯の中で動き、より躍動感がでて表情豊かになりました。
大皿の上りが特に素晴らしい!

もちろん無地の器も窯変がでたり、深みのある色合になったりととても見応えがあります。

一期一会の器たちを是非見にいらしてくださいね。

2017-04-15 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

清水なお子展

shimizu_17_640

2017年3月11日(土)-3月20日(月・祝) 11:00-18:00 3月14日(火)と15日(水)は休み

やわらかな絵付が魅力の清水なお子さん。
おっとりとした愛らしい絵付に加えて、最近は古典的な柄を取り入れて表現の幅を広げています。

とても使いやすい大きさ形の器たちなので一度使うと清水さんの器のトリコになる方が
とても多いですよ。
今回はさらに、少しカセたような古いもののような趣のある釉薬の器も出品されます。
写真右のものがそうなのですが、落ち着いた呉須の色に合う絵付はまたどんな風に展開されるでしょうか。
お楽しみにしていてくださいね。

2017-03-05 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

林大輔・廣政毅 二人展

hayashi_hiro

2017年2月25日(土)-3月5日(日) 11:00-18:00 2月28日(火)と3月1日(水)は休み

九谷の鮮やかな色彩で、楽しすぎる!作品をつくる林大輔さんは庭師さんでもあります。
ミニミニ盆栽の枝ぶり、松や梅などの枝ぶりが素晴らしく、植物に対する愛情がたっぷりと感じられます。
主に手びねり成形、時々ロクロ成形で、そのやわらかな味のある形に独特の絵付がよくマッチしていて、
わくわくしますよ。

廣政毅さんは、伝統に重きをおきながら、愛らしく品よく仕上げています。
印判(はんこ)や陽刻(石膏型に柄を彫っておき、そこに粘土を貼りつけて成形)などの技も使い、
幅広い表現が魅力。

最近作り始めた豆皿各種も大人気です。
とても使いやすい器たちですので、毎日使いの器になることと思います。

どうぞそれぞれの可愛い器を見に是非いらしてくださいね。

2017-02-17 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

2 / 212