2018年

萌窯展

moegama18_640

2018年4月21日(土)-4月30日(月・祝) 11:00-18:00 24日(火)と25日(水)は休み

萌窯さんは竹内靖さんが成型し、奥サマ智恵さんが絵付を施す、とご夫婦二人で分業にて作られています。

九谷焼はもともと分業の歴史があるのですが、うまく夫婦で分担できていて、
意思疎通もスムーズで言いたいことが言い合える?!というのがいいですね。
お二人それぞれに九谷伝統工芸士の資格をもつほど、確かな技術には定評があります。

今回の個展では、鮮やかな染付の色をより際立たせた名山手の作品も出品されます。

九谷の五彩を使った色絵と染付。
大人気のレンゲのような小さな作品から、大きなお皿まで。
軽やかな絵付から、クラシックな絵付まで、と幅広く出品されます。
美しい形に流麗な絵付の器たちをお楽しみください。

2018-04-08 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

鈴木正彦展

suzukim18_640

2018年3月24日(土)-4月1日(日) 11:00-18:00 3月27日(火)と28日(水)は休み

鈴木正彦さんが作る耐熱の器が、通年人気を博していて宙の定番アイテムとなっています。
オーブンだけではなくて直火にもかけられますし、耐熱の器とはわからないような素敵な形と質感なので、
普通の盛鉢としてもどんどんご活用ください。ギフトにも喜ばれると思います。
新しい形も登場しますので、お楽しみにしていてくださいね。

また耐熱ではない、しっとりとした黒釉の器や、登り窯焼成の信楽の焼〆の器なども出品予定です。

2018-03-15 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

坂場圭十展

sakaba_640

2017年12月16日(土)-24日(日)11:00-18:00   19日(火)と20日(水)は休み
(12月11日(月)-15日(金)は入れ替えのために、申し訳ございませんが休業とさせていただきます)

豊かな表情のイキモノたちが楽しくて、つい手元に置きたくなる衝動に駆られることと思います。

わんちゃん、ねこちゃん(真ん中のお皿にも隠れています!)、そして鳥たち。
拗ねているような、意地悪そうな、そして物思うような絶妙な表情がどれも魅力的。

そして草花文のみの絵付では、筆運びの巧みさをより感じさせます。

坂場さんは石川県で九谷焼の勉強をした後、地元である水戸にて作陶しています。
伝統的な九谷焼の色使いながら、そのバランスよい色の配分や、時には北欧的でもあるデザインにて
九谷焼ということを意識させない、洒脱な色絵の器を作ります。
また染付のみの器も風情あって、とても素敵ですよ。

九谷焼は伝統的に分業にて作っているのですが、坂場さんはお一人でロクロをひいたり成型もし、絵付も
行っています。

常設ではなかなか入荷しないので、この機会に是非いらしてくださいね。

2017-12-11 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

2 / 212