2022-03

奥絢子展

OA_22_640

2022年4月23日(土)―5月1日(日) 11:00-17:00   26日(火)と27日(水)は休み

奥絢子さんは2月後半にこいずみみゆきさんと二人展の予定でしたが、窯の事情により、4月23日から
個展として期日変更とさせていただきました。
ロクロで成形した丸い形から雲や輪花の形などの形に、コツコツ丁寧に削っています。
四角い輪花の器や双葉の形は愛らしさで特に目を引きます。
労力としては削る面積が多いので大変なものですが、軽やかな雰囲気でそれを感じさせません。
乾燥させただけの一番脆い状態から削るのはとても難しいことなのですが、削るという作業が好きで大切に思っているとのこと。
可憐な茶器や酒器にもご注目ください。

<ご来店のお願い>
〇マスクをご着用ください。
〇入口に設置していますアルコール消毒液を利用ください。
〇初日23日(土)ですが、10時50分の段階で10名様以上並びましたら、入店順を抽選させていただきます。
早くにご来店されませんようにお願い申し上げます。
〇体調不良の方はご遠慮ください。

<展示の際のコロナ対策について>
〇換気や消毒をこまめに行います。
〇一度にご入店いただく人数を6名様までにさせていただきます。
タイミングによっては少しお待ちいただくかもしれませんがご理解くださいませ。

2022-03-29 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

寺園証太・吉井史郎二人展

TY_22_640

2022年4月9日(土)―4月17日(日) 11:00-17:00   12日(火)と13日(水)は休み

寺園証太さんは備前にて作陶しています。
伝統的な重厚感がある備前と違い、コンポートやリム皿、アボカド型などナチュラルで
親しみやすい雰囲気の作品を作っています。
寺園さんの備前には気軽に使いたくなる魅力が詰まっています。
花入れやピッチャーにはどうぞ気軽にお花を挿してください。

シックでクラシックな趣で食卓を引き締める吉井史郎さんの器たち。
地元の京都の亀岡の土を使ったりもし、寺園さんと同じく主に登り窯で焼成しています。
マットな黒の器が古い器のようで印象的ですが、同じ色合いで作る片手鍋など
直火にかけられる台所道具も人気です。
今回は得意にしている茶器にも注力していただだきました。

<ご来店のお願い>
〇マスクをご着用ください。
〇入口に設置していますアルコール消毒液を利用ください。
〇初日9日(土)ですが、10時50分の段階で10名様以上並びましたら、入店順を抽選させていただきます。
早くにご来店されませんようにお願い申し上げます。
〇体調不良の方はご遠慮ください。

<展示の際のコロナ対策について>
〇換気や消毒をこまめに行います。
〇一度にご入店いただく人数を6名様までにさせていただきます。
タイミングによっては少しお待ちいただくかもしれませんがご理解くださいませ。

2022-03-27 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

菊地勝展

kikuchi_22_640

2022年3月19日(土)―27日(日)11:00-17:00 22日(火)と23日(水)は休み

ざらっと趣のある器肌に版画のような抽象的な模様が施されています。
写真のように白の器肌ではモダンな雰囲気に、そして茶系の器肌ではモダンに加えて
プリミティブな雰囲気になるものもあり、どちらもとても素敵です。

端正な形ですが、ロクロは使用せずに紐作りで成形しています。
手跡感を残さずにこれだけ美しい形に仕上げることができるなんて素晴らしいです!
しかも時には複雑な幾何学な形を作るので、どのようにこれを?!と菊地さんのアタマの中を覗きたくなります。

カップ類、酒器、ハナイレなど。

花入はそのまま飾っても素敵ですが、お花一輪、一枝、思うままに挿してみてくださいね。
野の花も、桜の枝も、ピンクッションのような造形的なお花にもよく合います。

<ご来店のお願い>
〇マスクをご着用ください。
〇入口に設置していますアルコール消毒液を利用ください。
〇初日19日(土)ですが、10時50分の段階で10名様以上並びましたら、入店順を抽選させていただきます。
早くにご来店されませんようにお願い申し上げます。
〇体調不良の方はご遠慮ください。

<展示の際のコロナ対策について>
〇換気や消毒をこまめに行います。
〇一度にご入店いただく人数を6名様までにさせていただきます。
タイミングによっては少しお待ちいただくかもしれませんがご理解くださいませ。

2022-03-09 | Posted in 過去のご案内Comments Closed