2014-04

鈴木稔 初窯展

minoru_2014

2014年3月8日(土)-16日(日)11:00 -18:00 会期中無休
(会期の前日と翌日は、準備と展示替えのために 休業とさせていただきます)

鈴木稔さんの新たなスタートです。大震災で崩壊した登り窯を再び築き上げました。
新たな窯は、前の窯で使用したレンガも一部生かしています。 何度も焼成して色が変化した、カラフルな装いのレンガが これまでの経験の誇りを、そしてこれからの新たな挑戦への ワクワクとするココロモチを表しているようにも見えます。

今回の窯は前の窯とは、大きさも形も違っていることから これから新たに焼成方法も試行錯誤していくことでしょう。 益子の伝統的な釉が火の神様によって思いもよらぬ変化をもたらし、 石膏型で作り込んだ美しい形をさらに彩ることと思います。 その1ページ目を是非ご覧になりにいらしてください。

※3月14日(金)と15日(土)の両日、12時~・15時~
鈴木稔さんによる、割型(石膏型)でカップを作るワークショップを 開催します。
¥4000で各回4名まで 先着順で承ります。
ご希望の方は宙までご連絡ください。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

井上あんぬ・葛和万紀 二人展

annukuzu

2013年12月7日(土)-15日(日)11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

色・イロ・いろ。
忙しい年の瀬にわくわくをお届けします!

井上あんぬさんは色絵磁器にて、クリスマスオーナメント
やお箸置き、蓋物などの愛らしい小さな立体物を中心に
出品予定。
ちょっとすねたような、などの豊かな表情が何ともいえず
魅力的で、きゅんとしてしまいます。

葛和万紀さんはパート・ド・ヴェールという、粉ガラスを
石膏型に詰めて窯の中で融解し成形するという技法で、
テキスタイルのような繊細な柄のガラスの器を作ります。
そのデザインや色の組み合わせはどれも素晴らしく、
いつも目を開かれる思いをします。

自分だけの宝物を、そしてクリスマスギフトやお正月の
室礼にぴったりな楽しいものを探しに
是非いらしてくださいね。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

菊地勝 展

kikuchi_2

2013年10月26日(土)-11月4日(月・祝)11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

潤いをたたえた深い緑色は、湖を思わせます。
そしてざらっとした肌合いは砂漠のよう。
土壁のよう、とも言えるかもしれません。
それもアジア、アフリカ、南仏など世界中のあらゆる場所
の土壁に。

そんなナチュラルな要素で作り上げる形は造形的で
きりりとかっこよく、そのバランスが素晴らしいです。

端正な形のハナイレもボウルも、すべて手捻り成形という
のも驚きです。
一般的には手跡が残り、厚めでふっくら温かみのある
雰囲気になるてびねりですが菊地さんの場合は、どうやっ
て作ったかわからないほど美しい成形なのです。
ロクロではできない形ですし、一般的なイメージの
てびねりではない。型を使っているのではない気もする。
となるとどうやって作ったのか、と思うのですが丁寧に
手捻りで作っているだけとのこと。
いやはや、すばらしいです。

端正なのですが、どこか温かみのある絶妙な形をつくりだ
していて、その質感と相まって、どんな空間でもしっくり
合うヤキモノになっています。

グイノミの足も造形的でとても面白くかっこよいです!

どうぞ作る工程も思いめぐらしながら、素敵な器、酒器、
ハナイレなどをご覧になりにいらしてくださいね。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

上泉秀人 陶展

kamiizumi_2

2013年9月28日(土)-10月6日(日) 11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)上泉さんのリズム。
シャープだけれども温かみのあるしのぎ。
ちょっと呑気でおおらかな染付の線。
程よい厚み感のある、独特の調子のロクロ。
そのリズムが何とも心地よいのです。
安心感を与えてくれるのです。

上泉さんの器があれば、もうそれだけで充分。
そんな気にさえなってしまいます。

大人気の飯碗は、以前は深い形がメインでしたが、浅目も
出品予定。
なかなかお目にかかれない、丼やお皿も予定しています。

是非お手元におひとつおいてみてくださいね。
なくてはならない器、になることと思います。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

奥絢子・林健二 二人展

okuhayashi_2

2013年6月29日(土)-7月7日(日)11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

大人可愛い、印象的な形が目に飛び込んできますね。
奥さんはロクロ成形後に大胆にカット、という素晴らしい
アイデアで、白や銀彩の器を作り上げています。
なかなか難しいこの技術、陶芸雑誌にて志野や織部なども
誌面で指導していたぐらい、幅広い技に長けた奥さんだから
こそできるのではないでしょうか。

しっとりとした生地感と端正な形が魅力の林さん。
何気ないけれどもとても美しい器は、使い心地も抜群で
毎日の欠かせない器になることと思います。
ツバメやコウモリなどが凸に貼花された器も人気ですが
新たなイキモノも仲間入りしました。
釉薬の研究にも余念ない林さん、新たなる試みもお楽しみに
どうぞ。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

橋口信弘 展

hashiguchi

2013年5月25日(土)-6月2日(日) 11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

新緑のように瑞々しく済んだ織部の色。
それを見ると、どうにも気持ちがうきうきと高揚してしまいます。
その美しい色をさらに際立たせる、気持ちの良い形。
橋口さんの内から自然に湧いてくるその形は伸びやかで、
素直にココロの中にすとんと入ってきます。
織部の概念を一新させるような、多色との色使いも
いつもはっとさせられ、さすがと思うのです。

食の器は軽くて使いやすいのに驚かされます。
ギフトにも喜ばれますよ。

食の器、花の器。
どうぞ橋口さんの美しい織部の色にときめきに
いらしてくださいね。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

松岡装子 ガラスの器展

matsuoka2

2012年11月23日(金・祝)-12月2日(日) 11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

なりこさんが描く絵本のような世界に入り込んで、
猫や不思議なイキモノたちと仲良く遊びたい。
そう思ってしまうほど、楽し気にイキイキと愛情たっぷり
に描いているのです。
猫に狙われている魚も何故か嬉しそうな顔。
お皿の上にのせられている子ブタちゃんも笑ってる。
森羅万象、生きとし生けるものをおおらかに表現します。
その愉快な気分が使うコチラにも乗り移り
ほっこり気分になってしまうのです。
もちろん、焼成して絵を定着させていますので
普段にどんどん使ってくださいね。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

宙 開店15周年企画 内田 鋼一展

uchida12

2012年11月3日(土)-11月11日(日)11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

*11月3日(土)午後5時30分より、ささやかなオープニングパーティ兼15周年パーティを行いますのでお気軽にご参加ください。

ごあいさつ

お陰様で弊店も11月で開店15周年を迎えることができました。これも皆様の温かいご支援の賜物と心より御礼申し上げます。
15周年企画として、内田鋼一展を開催いたします。
内田さんの作風は幅広いのですが、どれも大陸的な大きな気配が漂い、芯が一本通った潔さに加え、愛らしくもありと奥深い魅力があります。
その佇まいは内田さんの作品ならでは。
卓越した技術に加えて、本質をとらえる感性と内田さんの人となり、そして若い頃から世界各国で経験したことが凝縮されているのです。
お料理を盛って。何気なくぽんと置いて。どうぞ胸ときめかせてください。
今回は器に加え、家具の展示もしていただくことになりました。

是非ご高覧いただけますようご案内申し上げます。

       宙  吉田 美穂子

宙さんの15周年の記念展を5周年、10周年に引き続き開催することになりました。
今回は久しぶりに大小、和洋、いろいろな器を中心に作ります。きっと楽しい15周年記念の展示になると思います。

内田 鋼一

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

田辺京子展

tanabe12

2012年10月6日(土)-10月14日(日) 11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

この鳥と目が合ったら・・・
田辺さんの世界にどっぷりはまること間違いなし!です。

この写真だけで説明不要の気がしますが(笑)
田辺さんはオリジナルな、ポップな九谷色絵の世界をつくりだしています。
その絵付にココロぎゅっと掴まれてしまうのです。
中国伝統の絵付も好きということで、それを写したりもするのですが何故かそれも田辺さん流に。
でもその崩し方?!も良いのです。

ぷぷっと、くくっと笑いに
そして元気をもらいに是非いらしてくださいね。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

1 / 1212345...10...最後 »