中野幹子

中野幹子ガラス展 ――吟冬❄フユヲウタウガラスーー 

nakano_640

2017年12月2日(土)-12月10日(日) 11:00-18:00 12月5日(火)と6日(水)は休み 

ちょっと寒くなるとなぜかガラスのコップでお茶をのみます。

ガラス越しの風景が温かさにふわっと曇り、
木のテーブルを透かし、窓の向こうの木々や電線をつたい、
景色はどこまでひろがっていくでしょう。

目の前のひとつの器から、どこかへ飛んでいく。

冬の光を浴びて。

中野幹子

※耐熱ガラスではないので、熱々のお茶は避けてください。

2017-11-26 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

ちらし図詞 中野幹子ガラス展

nakano2014

2014年11月29日(土)-12月7日(日)11:00-18:00 2日(火)・3日(水)はお休み 
(会期前日と翌日は、準備と入れ替えのために休業とさせていただきます)

植物、動物、古代生物、風景、ことば、暮らし、道具、文様、抽象、たべもの、昔絵、クリスマス、年越し・・・と節操なく描き散りばめております。
最後には宙という器の中で、’ちらしずし’のようなハーモニーを奏でてくれたら良いのですが。
あるいはみなさんのお家で、変わり種の具材としてご愛用いただけたなら、なお仕合せです。

中野幹子

在廊予定日 11月29日、30日、12月1日、4日、7日
(変更することもありますので、お問い合わせください)

2014-11-24 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

中野 幹子 nakano mikiko

nakanomikiko

1988 東京都立芸術高等学校油絵科卒業
1991〜93 Sante Pizzolステンドグラス工房参加(ミラノ)
1993 ミラノ市立産業美術専門学校銅板画科修了
1995 富山ガラス造形研究所卒業
1995〜98 ザ グラススタジオ イン ヨコハマ・工房部勤務
1998 個人活動を開始
〜現在 東京を中心に各地にて個展

2014-05-28 | Posted in ガラス作家, 取扱い作家一覧Comments Closed 

 

中野幹子 ガラス展 素描 いのちあるもの

nakano_11

2011年10月29日(土)-11月6日(日) 11:00 -18:00 会期中無休
(会期前日と翌日は、準備と常設への転換のために休業とさせていただきます)

素描、粗描、魅力を感じたら描いてみよう。
興味を持ったら書いてみよう。
ガラスに、うつわに、のせてみよう。
そうして暮らしの中で分かち合えたら。
たくさんの、いのちのヨロコビ。

中野幹子
<作家在店日>
10月29日(土)・30日(日) 11月3日(木・祝)・6日(日)

(個展売上の一部は、あしなが東日本大地震・津波遺児募
金とさせていただきます)

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

中野幹子ガラス展 えほんのうつわ 2

nakano08

ウツハとウツハの間に間に

2008年10月25日(土)~11月3日(月) 11:00 -19:00 会期中無休
(24日は準備のために休業とさせていただきます))

 

中野幹子さんがガラスに描く世界は、絵本の中の1シーンみたいと思っていたのがきっかけでした。
4年前には、絵本の挿絵のような、ストーリーに添った小さな作品の連作での個展をお願いし、ふくよかなとても素敵な世界が展開されました。
そして今回は中野さんのオリジナルストーリーでの絵本仕立ての作品やイメージを切り取った一点ものに、再び挑戦していただくことになりました。

中野幹子さんは、吹いたガラスの素地に線刻やエナメル絵付けを施した後、再び吹いて成形する、b.d.p(blowing.drawing.painting)という、独自の技法で作っています。
高校で油絵を学んだ後、銅版画を学ぶために渡ったイタリアでステンドグラスに出会い、ガラスの世界に進むことになりました。その過程での積み重ねがすべて小さな作品に凝縮されています。

料理を盛りやすいクリアガラスに線刻された器も並びます。

わくわくどきどきしに是非お寄りください。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

中野幹子ガラス展 えほんのうつわ・なつのうつわ 絵本ノ宙・夏ノ器

nakano2004

2004年5月29日(土)~6月6日(日)11:00 -19:00 会期中無休

不思議な動物と三日月と。
そらから降りてきた階段に。
金魚も会談ひそひそと。
妖怪たちがお手手つないで宴会を。
みんな酔っ払い瓶も踊りだす♪

中野さんの小さな器には想像をかきたてる魔法がいっぱいつまっています。単にデザインとしてではなくて、きっと頭の中で、ある物語のこんな場面、こんな場面と想像しながら描いているのではないのかなあといつも思っていました。それならオリジナルの小さな物語を何篇かつくってもらって、絵本の挿絵のように作品が展開されたらどんなにステキだろう!と無理に?!お願いしてみました。
絵本仕立ての器たち、こんなお話のこんな場面の器で今夜はおいしいお酒を♪

などなどと楽しんでみてください。
そして夏にぴったりの線刻を施した透明な器たちも並びます。ビールグラス・冷茶グラス・お皿・小鉢・ぼうる、そして人気の風鈴も。

土日は中野さんも在店予定です。是非わくわくしにお寄りください。

中野さんの素敵なHPです。
http://www.ideaquest.co.jp/kan/
その中で中野さんがギモンに思っていた店名の由来。。。
ご期待に沿えるものではないと思うので、後日こそっと(笑)。まあ何気なくつけたのですが、
好きなミュージシャンの方々が「そら」(空のほうと思いますが)という言葉が入るタイトルの曲をつくっていたり、歌詞の中にしばしば登場していたりするので、つくづく宙という名前にして良かったと、shyな店主(・・・認めます。。。)もこればかりは自画自賛しているところです。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

仁平幸春/中野幹子展 草木染・墨 染 ガラス

nihenaka

2001年5月26日(土)~ 6月3日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

”線と色”への思い。
布、ガラスと素材は違えど、こだわりの強さは同じです。
仁平さんは、今までの草木染に加え、墨染にも技法の幅を広げてきました。
グレイッシュな 微妙な色のトーンの違いがクールで素敵に仕上がりました。
また 繊細な”線”が見事な、友禅の着物や名古屋帯、染額も見逃せません。
他、テーブルセンターなどの小物、冷房対策にも良いストールなど。

中野さんは 絵を勉強していたこともあり、その”線”と柄、そして器のフォルムとのバランスが抜群です。

クリアガラスに線刻したシリーズもおしゃれで使いやすくておススメですが、
ホットエナメルを使用した(写真のオレンジぐい呑)bdpシリーズは「私だけのモノ」と大事にしたくなる一品です。

お2人の素晴らしい技術と創造力に是非、触れてみて下さい。

中野幹子さんホームページ………….幹工房

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed