2002年

ー開店5周年記念 Part 2ー 手のひらサイズの宝物

 
2002年12月7日(土)~ 12月15日(日)
11:00 – 19:00 会期中無休

 小さくって素敵なモノ。
何かわくわくしませんか。
5周年企画Part2では、宙でおつきあいいただいている
ほぼオールキャストの約40人の作家さんに掌サイズのスペ
シャリテを1人約10点作っていただきます。
・いつもあまりつくらないもの
・ちょっと凝ったもの
・良い上がりのもの
・人気ですぐ売り切れてしまうもの  などなど。
宝物箱をひっくり返したような賑やかな店内になることで
しょう。ご期待ください。

参加作家
<陶磁器>
足立直子・市野雅利・内田鋼一・大沼道行・小山義則・加藤財・
上泉秀人・菊地勝・木曽志真雄・笹山芳人・清水なお子・鈴木正彦・
鶴野啓司・出町光識・戸苅草声・内藤美弥子・中地永大彌・長森慶・
橋口信弘・浜野マユミ・平野寅和・福本双紅・藤本秀・松田和美・
丸山龍一・萌窯・山野辺孝・横山拓也・吉井史郎・ロバートフローズ
<ガラス>くさ田正樹・中野幹子・中橋都・ハシヅメミツコ・渡辺継
<木工> 酒井淳・杉村徹・原清・山本認
<漆芸> 箱瀬淳一
<草木染>仁平幸春

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

開店5周年記念 Part 1 内田鋼一 展

uchida2002

2002年11月2日(土)~ 11月10日(日)11:00 – 19:00 会期中無休
(11月2日(土)17時より、ささやかなオープニングパーティーを行います ので是非ご参加ください)

不思議な土味。そしておおらかで健康的な形。
最初手に取った内田さんの作品は、これまで見たこともない風合いの汲み出しでした。
日本内外のたくさんの土をストック。それぞれの土の声をきき、特性を生かしたカタチをつくりあげていきます。
もちろん、こういうモノをつくりたい、というイメージは常にアタマの中にあって、それに近づくための努力は人一倍。失敗もたくさんするといいます。
でも天性の勘の良さで、そこからどんどんツボを得て、あっと驚くようなものを完成させていくのでしょう。あふれんばかりの才能、今現在も素晴らしいですが、将来も期待大です。

宙での初個展、しかも5周年ということで、永らく永らくリ クエストしていた土鍋を出品していただくことになりました。内田さんは独立する前は、土鍋や植木鉢の規格品をたくさんつくる仕事をしていたので、実は得意中の得意。
3年ぐらい前にたまたまつくったものを店主も使っていますが、楽しいデザインゆえ、冬は出ずっぱりの大活躍。食卓の’華’になります。

今回はそれとは違うイメージになるようですので、私も楽しみにしています。そしてやはり得意の急須、土瓶、湯呑、茶碗などのお茶まわり。急須は姿も使い勝手も良く、やはり大おすすめです。そして酒器、と心もカラダもあたたまるutsuwaがたくさん並びます。
どうぞ内田さんご自身とutsuwaたちに会いにお越しください。

お待ちしております。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

原 清(木工)・福本双紅(磁) 展

fukumoto

2002年9月28日(土)~ 10月6日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

まさに技量と感性のなせる技。
完璧に美しいフォルム。だけれども人肌感漂うふくよかさ。
原さんは、自ら刳貫いて成形した木地に、朱漆・呂色・拭漆を塗った片口・銘々皿・盛器などの器や、盆、台、蓋物、酒卓などを。ノミ跡ある、程良くざっくりした木地感と、伝統に基づきながらもモダンでオリジナルな形が織りなすハーモニーが抜群です。
華やかながらも深みのある朱漆が人気ですが、木目の美しさをフォルムに生かした拭漆の作品も見事。
いつも大忙しの原さん。作品が一堂に会する貴重な機会です。

’薄氷(うすらひ)’’夕月夜(ゆふづくよ)’などと名付けられた福本さんの作品のみずみずしさ。
昨年の朝日現代クラフト展で、弱冠27歳にてグランプリを受賞。でもご本人はいたってマイペースな、細身長身美人さんです。
薄手の器でいただく冷酒やお薄は、口当たりも器映えも最高で美味。儚そうに見えますが大丈夫、そそっかしい店主も愛用しています。磁器土の焼締、青磁などの釉をかけた器各種、オブジェ的花入など。

色の対比も鮮やかなお2人の共演にご期待下さい。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

中地永大彌 器展

nakachi

2002年8月24日(土)~ 9月1日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

夏安居窯を開くにあたっての、中地さんの初窯展を行います。品格ある力強い造形に、絶妙な色味の釉薬を多種展開。新鮮な驚きに出会えることでしょう。ご期待下さい。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

足立直子(陶の器・陶盆栽) ハシヅメミツコ(ガラス)展

hashizumeadachi

2002年6月29日(土)~ 7月7日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

ライブ感あふれるウツワを作り、それにぴったりの野の花&多肉植物を植え込む足立直子さん。
お互いを引き立て合う大胆な表現、目から鱗です。
キュート&ポップ・和的渋味などキルンワークで多彩なイメージを作り出すハシヅメミツコさんの新作は、緑鮮やかな夏サラダがお似合いです。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

小山義則 展

oyama02
2002年5月25日(土)~ 6月2日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

小さな器から大きな作品まで存分に発揮。
古典に学んだ上で現代的に消化させた形、思い切りの良いスコーンとしたライン、しなやかなフォルム、そして時にはお茶目心をのぞかせて・・・きりりと気持ちの良い器たちです。

粉引・灰粉引・南蛮・鉄釉・白磁など。
精力的に、エネルギッシュに、そして謙虚な姿勢で作陶される様子が店内全体に満ち満ちることでしょう。

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed 

 

木曽志真雄(陶)・杉村徹(木工)展

kisosugi

・・・軽やかな空気感と 穏やかな時間と・・・

2002年3月30日(土)~ 4月7日(日)11:00 – 19:00 会期中無休

心地よい空間の中で大切な人と一緒にゆっくりと時間を過ごす・・・
そんなゆるゆるとしたシアワセで、ちょこっと元気になるのです。
木曽さんと杉村さんのつくる作品が纏う、絶妙な’ゆらぎ’感。
柔らかな中に凛としたフォルム、そこに加わる手仕事の痕跡。それにより、きりっとした雰囲気の中に、あたたかみのある表情が生まれ、ふわっとした気配が広がります。そしてさらにまわりの空気感をもまきこんで変えるチカラをもっているのです。

木曽さんは、織部・粉引緑彩・鉄釉などの器各種、出品予定。料理の盛り映えがし、また器全体のコーディネートをぴりりとひきしめる器です。
形が美しいので、飾っても、また花を生けても素敵。新しい感覚のシャープな形の織部、そしてマットな織部が人気です。

杉村さんはスツールを中心に、卓袱台・小棚・木の器を出品予定。
ダイニングテーブル&チェアーも、軽やかなフォルム、そして実際に重量も軽く、おススメです。
スツール(高・低)は花台などにもどうぞ。素材はウォルナット・さくら・くりなど各種。

在店予定
木曽さんー3/30・31
杉村さんー3/30・31 4/6・7

2014-04-23 | Posted in 過去のご案内Comments Closed